炭酸泉の温泉の効果

仕事に疲れてくると呪文のように「ああ、温泉行きたい・・・」とつぶやくことが多いです。温泉に入ると日ごろの疲れがふっとびますよね。

サイトトップ > 温泉の効果「炭酸泉」

スポンサードリンク

炭酸泉の温泉の効果

温泉の効果「炭酸泉」


みなさんは温泉が好きでしょうか? 私はお風呂が大好きですから、当然、温泉も大好きです。 仕事に疲れてくると呪文のように「ああ、温泉行きたい・・・」とつぶやくことが多いです。 温泉に入ると日ごろの疲れがふっとびますよね。


さて、温泉と言えば、日本中、あちらこちらにありますよね。 有名な温泉地からそうでない温泉まで、いろいろとあります。 その中でも、とても珍しい貴重な温泉があるのをご存知でしたでしょうか。 その温泉とは炭酸泉です。 炭酸泉の成分は、カルシウムや、マグネシウムなどで、炭酸水素塩泉と呼ばれるものと、二酸化炭素泉と呼ばれるものがあるのです。 二酸化炭素泉と言うものは、日本にはあまりありません。


カルシウムや、マグネシウムが含まれている炭酸水素塩泉は、体にとても優しいと言われています。 なぜなら、心臓にあまり負担をかけずに、体中の血液を循環させてくれるからです。 お風呂に入ることは、とかく、心臓に負担をかけやすいですからね。 薬湯とも呼ばれていて、痛みに対しての鎮静効果があります。 炭酸水素塩泉は、別名で重炭酸土類泉と呼ばれています。 この温泉に入ると、体中に炭酸の気泡が付着するのです。 この泡は一体、なんでしょうか? それは、気泡がはじけずに残った炭酸ガスなのです。 体についた、炭酸ガスが皮膚の中まで入り込み、血管に直接、効果が出ます。 血管が広がることによって、血流が良くなり、神経痛などを和らげてくれます。 また、動脈硬化なども予防してくれるのです。


炭酸泉の温泉の効果

MENU



スポンサードリンク